>> 2018年版に戻る <<
事業概要

事業概要

趣旨

本事業は、沖縄県内の高校生を開発途上国へ派遣し、技術支援の現場や海外青年協力隊の活動現場を視察するとともに現地の若者と交流を行う「国際協力リポーター事業」と、国際協力の専門家や海外青年協力隊経験者を県内の小中高校に派遣し、出前講座を実施する「国際協力理解促進事業」の2事業により構成されている。

目的

沖縄がアジア・大洋州地域における国際交流・協力拠点を目指していくためには、海外の様々な国との交流と協力が重要であり、本県が自立した社会を築いていくためにも、国際社会からの認知が必要である。 また、本県が国際化された社会を迎えるためには、本県の国際化を担う次世代の人材育成が必要である。そのため、沖縄県内の若者を日本が行う開発途上国への技術支援の現場や海外青年協力隊の活動現場を視察するとともに現地の若者と交流を行うことにより、国際協力の必要性、大切さを学び、グローバルな視点を持った若者を育成することを目的とする。

期間

「国際協力リポーター事業」平成25年6月~8月
「国際協力理解促進事業」平成25年8月~12月

本事業委託事業者

おきなわ国際協力人材育成事業共同企業体 (公益社団法人青年海外協力協会、株式会社JTB沖縄)