>> 2018年版に戻る <<

理解促進事業 学校レポート 【沖縄県立コザ高等学校】 2013.12.24

2013年12月24日(火) コザ高等学校 英語科 砂川 雅哉 先生 

「外国に興味を持つきっかけになれば」と思い、今回の出前講座を英語の授業に取り入れさせていただきました。私自身は、沖縄は今後、アジアの国々とのつながりを強化していく必要があると感じています。英語圏の人々と話すために必要なものではなく、互いに違う母国語を持つ国同士で話す際、ツールとして用いる言語が英語だと思っています。ですから生徒には、英語で話すことにコンプレックスを抱かずに、自分の意見をきっちり伝えることができるようになってほしいと思っています。

この出前講座を通して、県がこのような事業をしていることを知ってもらい、大学に入ってからも、アンテナを高くし多くの情報をキャッチして、いろんなチャンスを自らものにしていってほしいと願っています。

2013年12月24日(火)コザ高等学校 110組 伊礼 さん

学校に通うバスの中で、JICAのイベントのポスターを見る機会があり、JICAや青年海外協力隊がどんな活動をしているのかとても気になっていたのですが、どこに聞けばいいかわからずにいました。そんなときに今回の様な出前講座をしてもらえ、日本人や沖縄の人が活躍していることや、現地での様子を聞くことができたので、とても興味を持って聞くことができました。

来年の夏には、ぜひレポーター派遣事業の試験にチャレンジし、参加したいと思いました。


2014年01月29日
一覧に戻る