>> 2018年版に戻る <<

理解促進事業 学校レポート 【沖縄県立向陽高等学校】 2013.12.6

2013年12月6日(金) 向陽高校 宮田先生

実際に同じ学校の同級生の体験談を聞き、他の生徒も大変刺激を受けたと思います。
これをきっかけに多くの生徒が海外、途上国に興味を持ち、外に目を向けるきっかけ
になってくれたらと思います。特にODAでは日本の国益も考えた援助という話が、生
徒に援助について考えさせる言葉だったと思います。

2013年12月6日(金) 向陽高校 2年1組 古波蔵 瑞希さん

特に印象的だったのは、一昨年日本で起きた津波の際に、多くの途上国が日本に援助
の手を差し伸べてくれたことです。また被災地の人々が、援助物資をもらう際に、ま
ずはお年寄りと子供を優先にと考え、譲り合っていたという話を聞き、日本人の譲り
合いの心のすばらしさを改めて感じました。


2014年02月14日
一覧に戻る